車載用 105℃動作 10V入力
2A ソフトスタート機能付きボルテージレギュレータ

S-19246シリーズ

pc-slide-21-jp


V2X,TCU等
車載用通信モジュールの課題


  • 電源供給にDC/DCを使うと
    S-19246-noise ノイズが発生、
      実装面積が大きい


  • 電源供給にLDOを使用すると
     出力電流が
    足りない、
     発熱が心配


2A出力 車載用LDO

S-19246シリーズが解決



データシートを確認



V2X,TCU用通信モジュールの電源供給に、大電流LDO


S-19246_top_jp


S-19246_dcdc-vs-s-19246

DC/DCコンバータを「使わない」メリット

V2XやTCUなど、電波環境に応じて必要な電流が変動する通信モジュールの電源供給には、2A出力が可能なLDO S-19246シリーズが最適です。

2Aクラスの出力が必要な場合、DC/DCコンバータの使用が一般的ですが、スイッチングノイズが発生し通信に影響を与える・外付け部品も多く実装面積が大きくなるなど、デメリットもありました。

常時ではなく間欠駆動で通信を行う通信モジュールであれば、LDOがそれらのデメリットを解決します。

S-19246_suitable-for-TCU

大電流出力でもLDOで問題ない理由

2Aクラスの出力をLDOで行う場合、最も懸念されるのは発熱です。

間欠駆動で通信を行う場合、常時駆動の場合と比較して発熱量は抑えられるのに加え、S-19246シリーズは、大電流2Aを許容するのに十分な高放熱パッケージTO-252-5S(A)を採用。

安心してご利用いただけるよう、熱シミュレーションサービスも提供しております。 お問い合わせ窓口

S-19246_soft-start

「使いやすさ」「安全」を実現するスペック

セカンダリーなのに 10V入力/12V定格
S-19246は、セカンダリー電源*としては高耐圧の「10V入力/12V定格」。
少し高めの動作電圧設定が、回路設計の自由度を向上させます。

安全な電源の立ち上げに「ソフトスタート機能」
出力電流の急激な変動を抑制するために、S-19246は、出力電圧を徐々に立ち上げる「ソフトスタート機能」を内蔵しています。
電源投入時に発生する突入電流を防ぐことで、機器の安全な立ち上げを実現します。

*セカンダリー電源:車載ECUの電源回路を複数段の電源ICで構成する場合に、2段目で仕様される電源を指す。


データシートを確認


アプリケーション例


車載用通信モジュールなど

・車載用(ボディ、ヘッドランプ、ITS、アクセサリ、カーナビゲーション、カーオーディオ等)
・通信モジュールの定電圧電源
・家庭用電気製品の定電圧電源

車載用LDOレギュレータ(105℃対応品) ラインナップ


主な仕様


製品名 S-19246シリーズ
  車載用
出力電流 2000mA
出力電圧 1.0V ~ 6.0V
入力電圧 2.5V ~ 10.0V
出力電圧精度 ±2.3%
                  (Tj = -40℃ ~ +105℃)                  
搭載パッケージ TO-252-5S(A)
車載品質 AEC-Q100対応
PPAP対応可能
動作温度範囲 Ta=−40°C ~ +105°C
データシート データシートを確認

最新情報はこちら

 

qr-code