pc-slide-10-800x267

 

近年、自動車の多機能化や電装化が進み、車両に搭載されるECU(※)の数はますます増えています。

そのため、一つ一つのECUに許容される暗電流は非常に小さくなっており、暗電流を下げる為にはマイコンなどの消費電流低減はもとより、電源を供給する電源ICの低自己消費電流化も重要になります。
一方で、マイコンの多機能化などにより動作時に必要な電流は増加の一途をたどっています。

この相反する要求、低自己消費電流と高出力電流供給を同時に満たす車載用ボルテージレギュレータ「S-19213/4シリーズ」が、ECUの暗電流削減に貢献いたします。


※ECU = Electronic Control Unitの略。電子回路を用いてシステムを制御する装置(ユニット)の総称。
主に自動車に搭載されるものを指す。現在では大半にマイクロコントローラー(マイコン)が搭載されている。

 



車載用LDO S-19213/S-19214シリーズの特徴


 

  • ECUの暗電流削減と動作時の高出力電流を両立
     ーMCUスリープ時には超低消費電流が、動作時には高出力電流がお役立ちー

S-19213-4_low-current-consumption

S-19213/4シリーズは36V動作可能。12Vバッテリへ直接接続することができます。

業界No.1の低消費電流、高出力電流、そして±1.5%の高い出力電圧精度を実現したLDO S-19213/4シリーズは、常時通電ECUの電源供給に最適です。

ECUの暗電流削減と、MCU動作時の高出力電流に貢献します。

* 2019年6月 当社調べ



  • 高速過渡応答 ー超低消費でも業界トップクラスの負荷過渡応答性ー

S-19213-4_transient-responce

超低自己消費電流を、トレードオフとなる負荷過渡応答特性を損なうことなく実現しました。

過渡応答性は、高出力電流ボルテージレギュレータでは業界TOPクラスの実力を有しています。

他社同機能製品と比較した場合、アンダーシュートは約55%低減できます。

※1 他社同機能製品と比較した場合




  • 高許容損失 ー高出力電流を許容可能ー

S-19213-4_power-disipation業界標準パッケージTO-252-5パッケージと実装互換のある「TO-252-5S」パッケージを採用。

「TO-252-5S」は、TO-252-5パッケージと比較して面積を約35%削減、高さは約半分という小型でありながら、TO-252-5パッケージと同等の放熱性をもつパッケージです。

高出力電流を許容可能な高許容損失の実現と同時に、実装面積の削減にも貢献します。

※2 Tj=+150℃、Ta=25℃時、4層高放熱基板に実装した場合。詳しくはデータシートをご覧ください。

  • 熱シミュレーションサービス

精度の高い『熱シミュレーションサービス』により、開発に対する負荷、期間、費用を削減します。

S-19212-3-4_thermal_simulation
ご希望の場合は、弊社販売窓口までお問い合わせください。

 

 

  • 出力電圧の外部調整が可能 ー電源設計の負荷を軽減ー

出力電圧外部調整品をラインナップ。

外付け抵抗により出力電圧を1.8V~30Vの広範囲に設定でき、ユーザの開発中の電圧変更が可能になります。

 



S-19213/4シリーズ 主な仕様



      • 出力電流:     500mA(S-19213)/1000mA (S-19214)
      • 出力電圧 :    1.8V~30.0V (外部調整) ※内部固定品もあり
      • 入力電圧 :    ±1.5%(Tj = −40°C ~ +125°C)
      • 動作時消費電流:  5.0 μA typ.
      • 搭載パッケージ : TO-252-5S, HSOP-8A 
      • 車載品質 :    PPAP対応可能・AEC-Q100 進行中
      • 詳しい仕様を見る⇒ S-19213(500mA) S-19214(1000mA)

詳細は販売窓口までお問合せください。




S-19213/4シリーズ リーフレットPDFダウンロード



S-19213/4  製品リーフレット